銀行の基本的な考え方・付き合い方

建設業許可申請アシスト新潟

0120-319-133

新潟市中央区長潟894-1

お問い合わせはこちら

営業時間 9時〜18時

銀行の基本的な考え方・付き合い方

「晴れた日に傘を貸し、雨の日に取り上げる」とさえ言われるのが銀行です。ただこれについては銀行の置かれた立場からすれば当然のことなのです。銀行は預金者から預かった預金を原資として融資を行い、利ザヤを稼ぐことで経営を成り立たせています。

そのため、銀行の一番の関心は、「この会社(あるいは人)に融資した場合に、間違いなく返済してくれるだろうか?」なのです。その会社が儲かっているかどうかよりも、キチンと約束通りに毎月返済してくれるかどうか、それだけなのです。そのため金融機関は返済の実績を非常に重視します。これまで何年にも渡って問題なく返済を続けてきた融資先ならば、今後も同様に返済を続けてくれるであろうとの推定が働くわけです。逆に新規取組先(融資検討先)については、返済の実績がないのですから、融資の判断は厳しくならざるを得ないのです。

 

銀行は企業にとって、「敵」でも「味方」でもありません。「ビジネスパートナー」であると考えてください。銀行としては、預金者から預かった預金を間違いないと思われる企業に融資することにより、その利ザヤで儲けを出せればそれでいいのですし、融資を受ける企業側でも、まとまった資金を借りることで設備投資をしたり、人を雇って営業活動をしたりして利益を獲得して、事業の存続や拡大ができればいい。

 

ですので双方にとってメリットがあるような条件で融資額や金利を決めればいいだけであり、「当社のメイン銀行は○○銀行です」と期待することは期待はずれに終わるのがオチですし、非常に危険なことと言えます。

 

借りる側が思う程、貸す側には「メイン銀行」という認識はありません。つまりイザというときには「メイン銀行」がなんとか支えてくれる、とは間違っても思わないことです。ですので「一行取引(取引銀行が一行のみ)」は極力さけ、借入ルートは少なくとも三つは用意しておくべきと考えます。